乳酸菌とアトピー

  1. Home
  2. /
  3. 未分類
  4. /
  5. 乳酸菌とアトピー

乳酸菌とアトピー

アトピーは一種のアレルギー反応ですが、この対策として乳酸菌が注目されています。乳酸菌の効き目として腸内の善玉菌を活発化させるとともに、酸性化させて腸の働きを正常化させるというものがあります。腸の働きを正常化させることで、便通がよくなり免疫作用が正常化するというものです。アトピーの症状は、免疫の効果が異常に働いてアレルギー反応を起こすものですから、乳酸菌の摂取が利くというわけです。
乳酸菌を含む食品として、誰もが頭に思い浮かべるのはヨーグルトです。ヨーグルトを食後に食べることでアトピーが改善されたという人は少なくないようです。もちろんヨーグルトを食べるだけでアトピーが改善されるわけではなく、体を温めるために入浴をしっかりしたり、刺激のある化粧品などを使わないという対策をすることも大切です。とはいえ、ヨーグルトで乳酸菌を体内に送り込むことでアトピーの改善に一定の効果があることは確かのようです。
乳酸菌はヨーグルトだけではなく、サプリメントに含まれていることもあります。しかしこれらのサプリメントを飲むことで便秘がちになるという話もあるため、摂取には注意が必要です。サプリメントであれば、腸まで届くように加工がしてありますし含有量も多いのでしょうが、食物で摂る方が好ましいことも事実です。
ヨーグルトはその量や値段に差がありますが、どれが自分に合うかはわかりません。高ければいいというわけではないようなのですが、腸まで乳酸菌などが届くという宣伝をしているヨーグルトでもさほど高価ではありません。もっとも、1日とか2日で効果が出るというものではありませんから、せめて1か月から2か月程度は様子を見て効果のほどは判断した方がいいでしょう。

http://www.hallowedbutchery.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です